スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

映画って本当にいいもんですね☆☆☆

「映画って本当にいいもんですね」……水野晴郎さん死去

この方を含めて映画といえば淀川長治さんとこの人かな〜って感じですね。。。

何度かテレビの金曜ロードショーとか日曜ロードショーとかで拝見していた時はお元気

だったですよね。。。そして映画と言えば随分昔の映画が好きでたまに見るんですけど

今ピンときたのは何故かカトリーヌ・ドヌーブなの…同じ映画の話題にしても綺麗な女優

さんを見たい思いでこの画像を。。。 昼顔のカトリーヌ・ドヌーブから・・・


1967年の作品。出演:カトリーヌ・ドヌーブ、ジャン・ソレル、 ミシェル・ピコリ
ヒロインはパリの高級アパルトマンにハンサムな医師の夫と住む若妻セヴリーヌ(ドヌーブ)は裕福で夫とは相思相愛、何不自由ない暮し…どうしても夫と同じベッドで寝られないこと以外は。。。幼い頃の体験とカソリックという宗教から、強い罪悪感を持っているようだ。罪悪感が屈折して変な方向に噴出し、白昼夢や、冒頭のシーンのような妄想に悩まされるついに秘密クラブのような高級娼館で働き出す。昼だけ、という約束で他人に体を売る。昼しか来ないということで、Belle de jourと呼ばれるセヴリーヌ。昼間の美女という他に花の“昼顔”という意味はあるのかも…。
それでも40年前のこの映画の奇怪な美しさは損なわれていない。何よりカトリーヌ・ドヌーブの姿から片時も目がはなせない。
もちろん笑顔はすばらしいが、それより放心したような空白の表情が似合う。夫といっしょに豊かな生活を楽しんでいる時も、へんなお客の相手をするときも、いつも本心はどこか別の場所をさまよっているようだ。
60年代のファッションがとても可愛い・・・



ナース1  

ブログランキング これも忘れずにお願いね☆
↓   ↓   ↓   ↓   
艶女のブログ

L.A.コンフィデンシャル

評価:
ジェリー・ゴールドスミス,ラッセル・クロウ,アーノン・ミルチャン,カーティス・ハンソン,ケヴィン・スペイシー,キム・ベイシンガー,ダンテ・スピノッティ,ロン・リフキン,ジェイムズ・クロムウェル,デヴィッド・L.ウォルパー,ブライアン・ヘルゲランド
日本ヘラルド映画(PCH)
---
(1999-01-20)
映画のヒーローはいっぱいいますけどラッセル・クロウは渋いですよね〜

色んな映画に出ているけど…そんなに特別に男前でもないけど、この人は味がある〜

「LAコンフィフィデンシャル」のラッセル・クロウは最高です♪

ロス市警というとここんとこずっと報道で流れてる三浦和義の「一美さん殴打事件」ですが

この人ほどメディアを上手に利用してお金儲けして、あげくに再婚者と一緒に全てを金儲け

の手段にしていった人も珍しいではないでしょうか!?今回の逮捕劇はとても予想だ

にしなかったけどロス市警は着々と準備していってたんですね〜ぴかぴか

三浦元社長の国選弁護人要請もサイパンの裁判所が認めず…流石ですね〜

【サイパン=稲垣収一、山下昌一】ロス疑惑「一美さん銃撃事件」で無罪が確定した元輸入雑貨会社社長、三浦和義容疑者(60)が米自治領サイパンで逮捕された事件で、三浦元社長に公選弁護人を付けるかどうかを決める審理が27日午前、サイパン島・北マリアナ上級裁判所であった。

デビッド・ワイズマン裁判官は「資産を調査した結果、弁護士を雇うことができる」と述べ、公選弁護人を付けない決定をした。

同裁判官は、元社長を米ロサンゼルスに移送するかどうかなど今後の司法手続きに関する審理を、来月3日に開くことも決めた。同裁判官は公選弁護人を付けない理由について、三浦元社長が不動産を持っていることや、クレジットカードの返済も滞っていないことなどを指摘、三浦元社長は「わかりました」と述べた。

北マリアナ司法省も27日、三浦元社長をロサンゼルスに移送する手続きに入るよう同裁判所に申し立てた。申立書の中では、三浦元社長について「カリフォルニア州で死刑もしくは1年以上の禁固刑に処せられる可能性の罪に問われているため」と主張している


ブログランキング
↓   ↓   ↓   ↓   
   艶女のブログ

潜水服は蝶の夢を見る・・・

仕事をしながらFMを聞いているとこんな映画の紹介があった

久々に映画を見てみようかという気になったのだけれど…

それは生命の神秘に触れたからかもしれない

ある日、突然脳梗塞で倒れて運ばれた病院で徐々に意識が戻った時におかしい…

自分では意識ははっきりしているのに自分の言葉が通じない、しかも身体全体が動かない

動くのは左眼だけ…そして瞬きで自伝を書いていくというお話

感動的だけどじっと見据えることが出来るだろうか〜

誰にでも起きうる出来事だけに…怖いけど見たい映画です。。。













ジャン=ドミニク(マチュー・アマルリック)は目覚める。そこは病室。自分が脳梗塞で倒れ、運び込まれたことを徐々に思い出す。しかし、自分の言葉が通じない。その上身体全体も動かない。唯一、動くのは左眼のまぶただけになっていた。つい先日までは、人生を謳歌し、ELLEの編集者として活躍していたドミニク。看護婦のサンドリーヌが彼の左まぶたが動くのに気づき、次第に彼の希望は明日へと向かっていく。そしてある日、編集者のクロードがやってきて、ドミニクに自伝を書くように勧める――。奇跡の実話を『バスキア』『夜になるまえに』の俊英、ジュリアン・シュナーベルが完全映画化した感動のドキュメント・ロマン 2008年2月9日よりシネマライズほか全国にて公開


ブログランキング
↓   ↓   ↓   ↓   
   艶女のブログ

Die Hard 4 Trailer (spoof) ☆



ダイハードシリーズは好きで見てきたけど〜

ブルース・ウイルスってなかなかやるわね☆

何がって〜

それはね・・・

この先を見れば分かるの〜 笑

<綺麗な艶女を見たい方は・・・これをポチっと押してね!>

ブログランキング
↓   ↓   ↓   ↓   
艶女のひとり言・・・

あっ違った・・・ここでした〜 左斜め下

ALWAYS 続・三丁目の夕日・・・☆

JUGEMテーマ:映画
艶女のひとり言・・・

ALWAYS 続・三丁目の夕日ってどんな映画かも知らず、たまたま映画館に行ったら

この上映時間が待たずに入れただけのことで何時もの行き当たりばったり(笑)

でも昔の映像と舞台セットを上手に合成してるな〜とか、今のCG技術は凄いな〜って

感心している傍で隣の20代のカップルの彼女の方が後半どういうわけかグスグスと鼻を

すすりだし・・・何故どこが哀しいのか切ないのか(当然そういうシーンなんですが・・・)

冷めた私はそっちを考えるほうが不思議と共にやってきて・・・それでも最後のところで

挿入歌があまりに良かったのでその曲とテロップが流れ終わるまで映画館を出なかった

というくらい最後は良かったな〜笑(曲だけ良かったんかい!?って言われそう)

いえいえ・・・昭和30年代の車とか町並みとかファッションとかを見ながら何となく

日本の高度成長を感じざるをえない艶女でございました〜笑

欧米では当たり前に車も走り、そしてファッションももっと進化していた時に日本はまだ

あんな状態だったんだな〜としみじみ思うのでした・・・

でもまぁ俳優さんも女優さんも熱演でなかなか熱くなってましたよ☆

よかったんじゃないかしら〜!小雪さんのファンなもので・・・綺麗でした♪

前作の4ヶ月後、昭和34年春から物語は始まります。ヒロミを想い続け、淳之介と日々暮らしていた芥川のもとへ、実の父親である川渕が再び淳之介を引き取りにやってきました。淳之介とずっと安定した生活をしていくため、そしてヒロミに恥ずかしくない自分を見せるため、茶川は再び芥川賞への夢に向かい執筆活動を始める決心をします。夢に向って走り出した茶川に三丁目の人たちも応援を惜しみません。果たして茶川の夢はかなうのでしょうか。そしてヒロミは帰ってくるのでしょうか・・・?


 大ヒットした映画の続編「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(11月3日公開)の完成披露イベントが15日、東京都中央区の日本橋で行われた。
今回は昭和34年の東京が舞台。首都高速道路の高架が架けられる前の日本橋が、セットやCG映像で再現されたのにちなんで、レッドカーペットを敷いた橋の上を、正装した山崎貴監督や吉岡秀隆、小雪、堤真一さんらが、スポットライトを浴びながら歩いた。
映画でも橋を渡る場面を演じた薬師丸ひろ子さんは、「こんな風にライトアップされた日本橋を見ると、昔もきっとロマンチックだったろうなと思います」と話していた。
イベント終了後、六本木の映画館で完成披露試写会が開かれ、満席の観客が映画を楽しんだ。(2007年10月15日20時17分 読売新聞)



応援よろしく〜 ポチっとしてね♪

ブログランキング
↓   ↓   ↓   ↓   
艶女のひとり言・・・

ボーン・アルティメイタム ☆



ボーン・アルティメイタム

この間この人はグッド・シェパードで冷たい無表情の旦那の役柄だったけど〜

今度の映画ではマット・デイモンは全く違う雰囲気のようですね☆

こう違う人物をうまく演じられると俳優冥利につきるでしょうけど〜流石です!



















『CIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって暗殺者にされ、同時に記憶を失ったジェイソン・ボーン。そんな彼の写真がイギリスの新聞の一面に掲載された。記事を書いた記者のロスは「トレッドストーン計画」に代わる「ブラックブライアー計画」の取材を進めていたのだ。失った秘密の鍵を見つけるため秘密裏にロスへと接触を図るボーン。だが、ロスはすでにCIAによってマークされていて……。
ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』に続く、ジェイソン・ボーンシリーズの第3作めであり完結篇。記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンが、いよいよ自らの秘密を掴んでいく様子を、圧倒的な臨場感とともに描いていく。アクションシーンの迫力とリアルさは前2作と同等以上。ロンドン、タンジール、ニューヨークと世界をまたにかけて繰り広げられる緊迫した逃亡・追撃戦は息をするのも忘れて見入ってしまう出来だ。マット・デイモンはジェイソン・ボーンシリーズによって、アクションでもトップクラスの演技が出来ることを証明。どこか憂いを秘めた優しき暗殺者、その演技の集大成がこの作品に詰め込まれている




土曜日からパソコンに向かえなくて更新がSTOPしておりました艶女ですが〜笑

月曜ということもあって超忙しく、何が何だか分からなくなるくらい四方八方から様々な

ことを言ってこられ、最後にEMSでは相変わらず郵政省・・・いえ、今は何なんでしょう

とにかく人員削減でアタフタ三昧の郵便局の人間に苛立ちながらお仕事に追われてました

はぁ〜 映画か〜 今週どっかで一人で見てこようかな〜♪

<いつものこれをポチっと押してね!>

ブログランキング
↓   ↓   ↓   ↓   
人気blogランキングへ

| 1/1PAGES |