<< DIANA ROSS IN STUDIO LIVE ♪ | main | まさか!?って坂もあるかも〜!!! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

地球温暖化にSTOP!!!

近年、加速度を増すばかりの地球温暖化・暖冬という言葉も当たり前になる中・・・

地球温暖化の影響で氷が溶け始めた北極をテーマにした映画が6日に公開されたのです。














北極に生まれたシロクマのナヌー。地球温暖化の影響で氷が溶け始めた北極で狩場を失い、やがて巣立ちの時を迎えるがエサを求めて母グマと過酷な旅に出る。時速100キロのブリザードの猛吹雪の中、飢えをしのぎながら移動する日々に、やがて悲しい別れが訪れ、ナヌーは生きる術を持たぬまま、広大な北極の大地にひとり取り残されることになる。
独りぼっちになったナヌーは生き残る道を求めて、勇気をふりしぼって海へと飛び出す。
『皇帝ペンギン』のナショナル・ジオグラフィック社が贈る、北極の大自然に生きるシロクマとセイウチ親子の生命のドラマ。稲垣吾郎が日本語版ナレーションを担当する。
FujiSankei Business i. 2007/10/3


ここで応援しようという温かい人は ポチっ とお願い〜 左斜め下   

人気blogランキングへ

まだまだ続きは小熊ならぬ○○○が〜揺れるハート

そしてこのナヌーに関してはこちらからアクセスしてね・・・左斜め下


「北極のナヌー」
監督 ラヴェッチ、ロバートソン夫妻 地球温暖化に警鐘

で、可愛い小熊ちゃんと一緒に地球温暖化STOP!を訴えている会社があるんです〜

小熊ならぬ風力鯨君の会社です〜ラブ  左斜め下















大和エネルギー・総合エネルギーサービス事業

原油高が叫ばれる中、地球温暖化の最大の原因であるオゾン層を破壊するフロンガス排出

(二酸化炭素)などに関しての再認識が一般にももっと浸透してほしいという思いから〜

お勉強タイム・・・温暖化の原因は温室効果ガス(主に二酸化炭素)です。
昔、二酸化炭素は、動植物が呼吸でだす量と植物が光合成で吸収する量がほとんど同じだったので増えることはありませんでした。
しかし産業革命以降になると、産業や交通の発達によって、工場や発電所、自動車から、二酸化炭素を含んだ排気ガスがたくさん出るようになりました。
この二酸化炭素は、地上から放射する赤外線をためこんで、地球全体を温室のようにしてしまいます。このことから、この現象を温室効果といいます。
冷蔵庫やエアコンの冷媒、電子回路などの精密部品の洗浄剤、クッションやウレタンなどの発泡剤、スプレーの噴射剤などに広く使用されてきました。フロンは便利な現代生活を陰でささえてきたのです。
特定の種類のフロンは化学的に安定な物質なので、工場などから大気中に放出されると、対流圏ではほとんど分解されずに成層圏に達します。成層圏において太陽からの強い紫外線を吸収して分解し、塩素原子を放出しますが、この塩素原子がオゾンを酸素分子に分解します。


こんな話題も艶女には柔らかい記事から堅い記事まで幅広くOKよ〜って感じですぴかぴか

この風力鯨君だけでなく大和エネルギーは発光パネルや様々な事に取り組んでいますので

よろしくおねがいしますね〜揺れるハート

っていう宣伝ではなく皆が地球温暖化STOPの意識を一人一人持ってもらわなきゃって

艶女のひとり言ならぬ・・・お願いでした〜るんるん

スポンサーサイト

| - | 13:00 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://lacroix388.jugem.jp/trackback/104

Trackback

http://drakomit.com/8345838C835E8393/
ウレタンウレタン (urethane) とは、カルボニルを介してアミノ基とアルコール基が脱水縮合した化合物である。カルバミン酸のエステルに相当し、カルバマート (carbamate) とも呼ばれる。2つの部分がウレタン構造を介して連結している場合、その部分をウレタン結合と呼ぶ

| 化学物質いろいろ | 2007/10/25 12:51 PM |

http://kankyo-yougo.com/89B78EBA8CF889CA834B8358/
GHG)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより温室効果をもたらす気体の総称である。水蒸気、対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当し、その中で最も温室効果をもたらしているのは水蒸気である

| 環境用語 | 2007/12/03 7:21 AM |